FIFAの年次総会は5月31日(金曜日)、モーリシャスで8時間30分にわたっておこなわれました。私はそのうちの7時間にわたってポートルイス警察署に逮捕、拘留、そして起訴されました。

FIFAは人種差別等の差別に対しては制裁をおこなうことを可決しました。

一方、2022年のワールドカップ開催国であるカタールの移民労働者差別について抗議する労働組合のリーダーとサッカーファンは、議場外で逮捕されました。

FIFAの遅々とした改革プロセスは、超大型タンカーがコースを変更しようとしているようだ、と評されています。 そして、その超大型タンカーはモーリシャスで「座礁」したのです。

「労働者の権利がない場所にはワールドカップもありません。www.rerunthevote.org 」その警察官は私たちの旗の前でオートバイにまたがったまま、大きな声で警察無線に向かって読み上げました。

次に、抗議の旗を持った私たちの人数を数えるのを聞きました - 「1、2、3、4、5、6、7、8」と。
モーリシャスの法律では、12人以下の人々の集会は警察の許可なしにおこなうことができます。

通常、小規模で穏健な集会の場合は、警察は到着後に人々の数を数えますが、 上限を1~2人上回っているだけであれば、警察はその1、2名を道路の片側に留まるように求めるだけで、デモは続けられます。

そのため、私たちは早朝の太陽の光の下で旗を持って立ち、FIFAの代表団のバスが会議場に入ってきた時に手を振って合図しました。 代表団の多くの人が手を振りかえしてくれました。

私たちの目の前では、しゃれたスーツを着たFIFAの職員が小型マイクに向かって神経質そうに話をしていました。 独裁者の警護要員のように、彼らは私たちの旗に書かれたメッセージが、上司の方針に一致していないことを心配しているようでした。

パトカーが目の前で停止して、警察官が現れたかと思うと、あっという間に私たちの手から旗を奪い取り、警察のステーションワゴンの後ろの荷台に放り込んでしまいました。

どこからともなく警察官の数が増え、20人程度になったようでした。男性が叫んでいる間に、別の女性と私は旗を警察のステーションワゴンから取りだし、再び掲げました。

逮捕が始まったのは、それからすぐでした。

混乱状態の中で逮捕がおこなわれました。 クリオール語、英語、フランス語の叫び声が聞こえました。 公務員組合の委員長であるNaraindranath Gopee氏とベテランの組合活動家が4人の警察官によって腕と足を取られ、連行されていきました。

穏健な私たちのデモチームは、バンに押し込まれました。 色つきの窓ガラスのSUVに乗ったFIFAのVIPの一団が、警察の先導つきで通り過ぎていくときに私たちのバンもその場を去りました。

ポートルイスCIDの警部は大柄な人で、シャツのボタンがはち切れそうになっていました。

彼はため息混じりに「せっかくの金曜日が無意味な書類作成と2人の外国人拘留者のせいでつぶれることになった」と話しました。 それは彼自身のせいではありませんでした。

それから7時間の間、私は自由を奪われました。 12人以上の人々と共に許可されていない集会に加わった罪で起訴されました。

昼食の後、検事総長が起訴を取り下げ、私が虐待されなかったことを証明する書類にサインすると、すぐに解放されました。

ここから5000キロメートル離れたカタールで、Zahir Belounis氏は自由を奪われています。 このフランス人のサッカー選手は今日もなお、カタールに閉じ込められたままなのです。彼と彼の妻、そして2人の幼い娘たちがカタールを出国するための出国許可証には、1つのサインが必要なだけですが、 そのサインはいまだにおこなわれていません。

Zahir氏と百万人を超える移民労働者が直面している現代の奴隷制度と差別を、改革せずに済ませるわけにはいきません。 カタールが2022年のFIFAワールドカップを開催することで、労働者の権利にスポットライトが当てられています。

FIFAの行くところなら、私たちはどこにでも出かけていき、彼らにワールドカップの開催国が労働者をどのように扱っているかについて人々の注意を喚起させます。

カタールが投資するところなら、私たちはどこにでも出かけていき、彼らが自国で移民労働者をどのように扱っているかについて人々の関心を呼び起こします。

私たちは、カタールのすべての移民労働者が自由になるまで、そしてすべての移民労働者が権利を与えられるまで、キャンペーンを続けていきます。

2013年5月31日にモーリシャスで開催されたFIFAの会合での穏健な抗議と逮捕劇に関するフォトギャラリーをご覧ください。

Gemma Swart によるこの意見は2013年6月3日にEqual Timesに初掲載されました。